ケータイ小説 野いちご




「そー言うなよ。少なくともおれは楽しめて、秋月はノートのコピーが手に入る。双方にとって良い事だろ?」

「……うーん」



それはちょっと魅力的。でもやっぱノートなら他の子に頼んでもいいわけだし……。



「おれ、国語は苦手だけど他はそこそこ出来るんだ。テストのヤマなんかも教えるぞ?」

「ううーん……」



それも魅力的だけど……。



「……せめて、もうひと声」

「よしっ、大盤振る舞いだ! 1手紙につき1お菓子贈呈でどうだ!?」

「うーん……」



確かにそれは魅力的だな……。



「……よし、ノった!」



そう言って、あたしは瀬戸に右手を差し出した。

瀬戸はそれをカンマ入れず握り返した。


交渉が成立した瞬間だった。





< 23/ 287 >