ケータイ小説 野いちご

俺、お前に惚れてんだけど。



「あら〜、もう帰るの?」



追いかけて階段を下りようとすると、ニコニコ顔のお母さんの声が下から聞こえて足を止める。



「はい、奏太によろしくお願いします」



「ごめんねぇ、あの子お風呂長いから」



「いえいえ、ではまた」



ーーバタン



玄関のドアが閉まった音がして、久間君は帰って行った。



いったい、なんだったの……?


何しに来たの?


明日11時にモミジ公園って……。


それっていわゆる、デートってこと?



< 103/ 250 >