ケータイ小説 野いちご

俺、お前に惚れてんだけど。



ニッコリ笑う久間君からは、当たり前だけど本心を読み取れない。



だけどサラッと軽く言ったから、絶対にこれはお世辞だ。


いや、考えるまでもないよ。


わかりきっていることだし。



「すっげえタイプだし、一緒にいたら楽しそう。雰囲気が温かそうっていうか、心が癒される感じですね」



な、なんなの……っ。


またそんなにサラッと思ってもないことを言っちゃって。


ここまで堂々と言われると逆に清々しい気もするけど、なんだか見下されてる気がしてイライラして来た。



「いい加減にしてよ!」



お茶碗と箸をテーブルの上に叩きつけるようにして置く。


そして弾かれるように椅子から立ち上がった。



「思ってもないことを言わないで!だいたい『大歓迎』ってなに?あたしはねー、久間君みたいな爽やかイケメンが1番嫌いなのっ!あたしのタイプは……不良みたいな……い、いかついヤンキーなんだからっ!」



言うだけ言ってダイニングを出た。



階段をドスンドスンと音を立ててあがりながら、イライラを鎮めようとしてみる。



< 39/ 250 >