ケータイ小説 野いちご

俺、お前に惚れてんだけど。



「久間君が志帆の彼氏になってくれると嬉しいわ〜」



まだまだ続く2人のやり取りをムシしてご飯を口に運んだ時。


お母さんが突然ありえないことを言った。


は、はぁ!?


彼氏!?



思わず手が止まり、隣に座るお母さんの顔を凝視する。


すると、目が合ってクスッと笑われた。



「ねぇ、志帆。久間君、すっごくカッコいいわよね」



はぁ!?


なに言ってんの?



浮かれるお母さんを冷ややかな目で見つめる。


本気で言ってんの?



「志帆ちゃんがいいなら、俺はいつでも大歓迎なんで」



えっ?



お母さんから視線を外して、今度は向かい側に座る久間君に目を向けた。



< 38/ 250 >