ケータイ小説 野いちご

俺、お前に惚れてんだけど。



だいたいねー、あたしのどこをどう見て可愛いだなんて言えるんだか。


お風呂も入らずに制服のまま寝ちゃうような奴だよ?


ボサボサの髪で朝ごはん食べちゃうような奴だよ?



「あら〜、久間君ったらお世辞がうまいんだから」



……って!


お母さん!


そりゃあたしもそう思ったけどさ!


もう少し娘をフォローしようよ!



「いや、本当っすよ」



「またまた〜!いいのよ、気を遣わなくても」



「いやいや、ウソじゃないっすから」



な、なんなの。


2人ともありえないんだけど。


もうやめて!と叫びたい気持ちに駆られながら、美味しそうにご飯を食べる奏太に目をやる。


1人だけ呑気なんだから!!!


ちょっとは助けてくれてもいいのに、マイペースもここまで来ると嫌になるよ。


穴が開くほど見つめていると「なに?」と首を傾げられてしまった。



いや、奏太……。


『なに?』じゃなくて。


助けてよっ!



< 37/ 250 >