ケータイ小説 野いちご

俺、お前に惚れてんだけど。



でもね……。


いくらそう言われても、あたしはそんな風に振る舞えない。


女の子らしくなんて、出来るわけがない。


これが、あたしだから。



「はぁ……帰ろう」



あたしは腕で涙を拭いた。



そして複雑な気持ちを抱えたまま、生徒玄関で靴を履き替え校門へ向かう。


中学校生活で3年間お世話になった校舎を改めて見ると、なんだかまた涙が込み上げて来た。



色々あった3年間だったな……。


最後の最後であんなこともあったけど、1日1日がすごくキラキラしてて思い出のたくさん詰まった日々だった。



バイバイ……!



心の中でそう別れを告げてから、あたしは学校を後にした。



< 10/ 250 >