ケータイ小説 野いちご

【完】恋の病はあいつのせい!?




「隠しごとはダメだよ。 早く吐きなさい」



「どこから、話していいのか分かんない」



「そんな言い訳通用しません。 最初から全て吐きなさい」



で、でも昨日のことは冗談かもしれないし・・・



・・・どうしよう、



なかなか口を開かないあたしにすずちゃんの顔がどんどん険しくなる。



もうこうなったらもう話すしかない、よね。




「あのね、あたしの隣のせ・・・、」








「ーーーー中宮さん、ちょっといいですか?」



< 23/ 311 >