ケータイ小説 野いちご

世界のハジマリ




モゾ……モゾモゾ…



『んッ………ちょっと、シロ邪魔なんだけど』

「…Zzzz」

『こいつ…』


朝一番、私は体に感じる重さで目が覚めた。

頭を上げて胸元を見ると、真っ白な犬が大の字になって寝ていた。



『もぅ〜、重いってばぁっ!』

「ピクッ、……わふ?」

『わふー?じゃないっ、重いからどいてよシロ!』


そう言うと欠伸をしながらのっそりと起き上がり地面に降りた。


『あー重かったァ…シロ、最近太った?』

「ワンッ(えへへ〜)」

『食べ過ぎは体に毒だからやめてって言っったでしょー?』

「クゥーン…(はぁい)」

『まったく…』


この真っ白な犬の名前はシロ。

マイペースで呑気でちょっと甘えん坊な次男。


『ふぁぁ〜ッ…服どこ置いたっけー…』

「クウゥ〜(フウちゃーん)」

『あ、モコ!制服持って来てくれたの?ありがとー!』

「ワンっ♪(どういたしまして♪)」



ふわふわな尻尾がくるんと丸まった茶色いこの犬はモコ。

頼りになる私のお母さんみたいな存在の長女。

< 2/ 6 >