ケータイ小説 野いちご

SEY LOVE ME ~好きなんだ~


弁当箱は気づいてもらえるかはわからないけど、

玄関においておいた。


これからの毎日が楽しみだったのに、
嬉しくて仕方がなかったのに、


たった一日の夢だった。

諦めたくても、諦められないんだよ。

まだ認めたくない。

失恋したなんて。


そう思うのはまだ早い。

また1からやり直しになった。

きっとそれだけのこと。

まだ俺は、あきらめない。

< 58/ 103 >