ケータイ小説 野いちご

嫌いじゃ…ない…?


「み~な! ! !」

「うわぁぁ!…っていきなり抱きつかないでよ優。」

いきなり抱きついてきたのは中学の頃からの友達の三並 優(みなみ ゆう)

「だって美奈かわいいんだもん♪」

答えになってないし。しかも第一、

「かわいくないし。かわいいのは優でしょ。」

そう。優はすごくかわいい。そしてモテる。

「…美奈はやっぱ無自覚か。ま、そこもかわいいんだけどね。」

優が何か言ってたけど私の耳には聞こえていなかった。

< 3/ 26 >