ケータイ小説 野いちご

夏風





「ごめんちゃい。柊真の家の敷地広くて。」



ちょっと不機嫌だったのでふざけていってみたが、今の柊真には聞かないようだった。

< 3/ 10 >