ケータイ小説 野いちご

僕たちの姫


鏡に映る自分の容姿にため息がでる。



キラキラ輝く銀色の髪に空のような青い瞳。




いったいどこの国の人間だというようなこの容姿。




はぁ…



私はため息をつくと黒いウィッグとカラコンをつけた。

< 4/ 8 >