ケータイ小説 野いちご

クーデレ彼氏とその彼女




「あ、それ駄目だから」

「は?」


『え?』




唐突に一条君が喋る


「これ、」



ポン、と私の頭に一条君の手が乗る


「俺の彼女」



そのまま引き寄せられ、
一条君の胸に飛び込んでしまう




「…え」


「えええ!ちょっとそれ
どういうことよウサギ!」

「聞いてないんだけど!
詳しく話してよ!」



男子の、えーという驚愕の声を遮り
加奈と郁美が叫んだ


…盗み聞きしてたんですね、2人共



「はいこっち来るー!
今すぐ話すー!」

「酷い!ちゃんと話してよね!」



2人に手を引っ張られ、
強制的に一条君から離れる



『え、ちょっ』

「あとでメールする」

『う、うん、よろしくっ』




こうして、
私のお昼休みは


2人からの質問攻めで終わった


< 16/ 254 >