ケータイ小説 野いちご

秘密の時間-私と僕の時間-




「先生、もう行くの?」



「うん。」



「行かないでよ。」



お願い。嘘でもさ、行かないって言ってよ。



「ごめんな、茉妃流。」



「そっか…。」



私の目には大きい涙の粒があった。



「それぐらいで泣くなよ茉妃流。」



「な、泣いてないもん…。」



「俺、必ず戻ってくるから。」



「必ず、だよ?」



「あぁ。もう時間だから行くな。」



「りーくん、バイバイ」



先生は車にのり、行ってしまった。




< 13/ 16 >