ケータイ小説 野いちご

「顔あけーぞ?ニヤ どうしたー?ニヤ」

ニヤニヤすんなよっ!

『赤くないしっ!』

「赤いから笑」

『うっさい!』

ガバッ←布団に潜った

「なぁ、美爽」

『何?!』

「美爽はまだ中谷の事好きなのか?」

そんなの....

『好きじゃないに決まってるじゃん』

「本当か!?」

『え?うん』

好きじゃないって言ったらめっちゃ顔明るくなった。

可愛い....。

< 22/ 28 >