ケータイ小説 野いちご

7年越しのラブストーリー

あとに残ったのは、高野と俺…

「これはお互い、完全に失恋したな」
高野が話しかけてきた。

「はぁ。何だよ、それ!
俺、彼女いるから!」
こう返すが…

「知ってるよ、女子部キャプテンの澤田だろう。
でも、佐藤が本当に好きなのは浅井さんってことも知ってる」
「………」
「それより、佐藤さんと知り合いなのか?」
「…ん、あぁ。
従兄弟なんだ、真尋兄ちゃんと俺」
「そっか」
「………」
「まぁ、浅井と佐藤さんお似合いだったし、お互いに好き合ってるの分かったし、諦めるしかないかな…」
「………」
「じゃあ俺、先に行くから。
体育委員の倉田と一緒に片付け頼むわ」
「…分かった」

…その後、体育館の片付けをし、後夜祭は真由と過ごした。

こうして俺の文化祭は終わった―



< 121/ 233 >