ケータイ小説 野いちご

鬼麟2

「それを話しても、蒼はつらくない?」
震える手をそっと握り、顔色を伺う。
少し驚いたふうに目を見開くと、すぐに優しく笑った。
恐らく、それが“本当の蒼”。
「聞いて欲しいんだ」
握り返された手はもう、震えてはいなかった。

< 95/ 302 >