ケータイ小説 野いちご

幼なじみはイケメン4人組



結局お皿は使わず、みんな直接ケーキにフォークをさして食べ進めていった。

食べながら話すのは、私たちの子供時代のことだ。


みんな家が近くて、幼稚園からずっと一緒で。

旬ちゃんと晃太くんとは学年が違うけれど、それでもいつも夕方は一緒に遊んでいた。


女は私だけだったけど、みんなと元気いっぱい公園を走り回って、日焼けして真っ黒になっても、また駆け回る。

小学校低学年の間は、そういう毎日を過ごしていたと思う。


……でも、学年が上がるにつれて遊ぶ回数は減っていった。




旬ちゃんと晃太くんは学年が上だから、やっぱりお兄さんな感じになっていって。

歩夢は同じ学年の男の子とばっかり遊んでいて。

マーくんは本を読むようになって、あまり外には出なくなった。


私も私で、女の子たちと過ごすことが多くなった。

流行には疎い方だけど、それでも女の子らしい生活になっていったと思う。



でも。

私たちの関係はずっと続いていた。



学校でも笑顔で話すし、お互いの家にも行き来する。

晃太くんのお父さんたちがやってるお店に集まって、家族ぐるみの付き合いもしてる。



『普通はもっと疎遠になるよ?』と友達に言われたことがあったけど、私たちはいつだってすぐ近くに居た。

そして多分、これからも先もずっと──。



< 36/ 220 >