ケータイ小説 野いちご

私の彼氏は無関心な僕系男子






<いや、諸問題はそこじゃなくてね?




追試で寝るとかほんとありえないから>







…ですよねー…。




正論過ぎて何も言い返せない。






<ったく…花風さんからやっと電話かかってきたと思ったら…>






「うっ…ごめん…なさい」





”やっと”って、番号交換してから少ししかたってないし…。







<じゃあ、追試終わったら電話してよ、そしたら迎えに行くから



それでいい?>





しまのは若干あきれつつも、そんなことを言ってくれた。






「行ってくれるの!?」





<当たり前でしょ>





島野のその言葉が嬉しくて、再追試もがんばれそう、だなんて思っちゃうんだ。










< 159/ 292 >