ケータイ小説 野いちご

私の彼氏は無関心な僕系男子






「島野に…嫌われちゃった」






「ちょ、場所変えよ?ね?」





「純香…」





「今日は授業さぼっちゃおっか!」






「……うん」






純香のそのいたずらっぽい笑顔に、少しだけ救われた気がした。










+++




「ここなら誰も来ないでしょ」





純香が連れてきてくれたのは、旧校舎の裏庭。







移動教室以外、めったに来ない。




しかも裏庭だから、なかなか人は来ないと思う。











「それで?なにがあったか話してごらん」





「あ、あのね…」






私は、昨日あったことや、最近の心情の変化。




包み隠さず純香に話した。











< 106/ 292 >