ケータイ小説 野いちご

かしこい姫とバカな王子

涼風side



「鈴城、上原入って来いー」





「亮也なにやってんの?いくよ?」





「ん?ああ」








ガラガラ







「鈴城涼風です。よろしく!」
「上原亮也です!よろしく!」








「2人の席は........と上原は佐原の後ろで、鈴城はそのうしろな!教科書は隣に見せてもらえ」







私の隣は........と.......あ!さっき1人だけ騒がなかった子だわ!







「よろしく!私は山野結葉!『結葉』って呼んでね!」






「私は鈴城涼風よ!よろしく!『涼風』って呼んでね!」

< 15/ 66 >