ケータイ小説 野いちご

異国の王子様




ガシッとあたしの腕をつかむ狼。


「いや、これは呼ばないとあんた死ぬよ!?」


否定したのだと思い説得しようと
大声を出せば、

ゴソゴソと手を動かす狼。


そして何かをあたしの手のひらに押し付けた。



「それの、一番上。
明石晶ってやつに、かけてくれ。」


ぐっと顔を上げ、あたしを見つめる。



その瞳の強さに、
そんな猶予はないのにどきんと
胸が高なった。



「…………わ、かった。明石晶ね!!」

確認して渡された携帯を自分の顔の前に持ってくる。

「わりぃ。」

とかいう声がしたのが先か、


「リキ!?お前今どこいんだ!?」

っていう焦った声が携帯から下のが先か


そんなことは覚えてないけど


がくりと意識を狼が失い、

パニクったあたしは

「やばい、狼が死ぬ!!!!!!!」


なんて叫ぶことしかできなかった。



ほんと無力。

< 10/ 32 >