ケータイ小説 野いちご

嵐を呼ぶ姫 ~最強女は天然美少女?~




そうだ、コイツの名前知らねぇや



「お前の名は?」




「俺の名?」





「おう、そーいや知らねぇなって思ってさ

それに、這い上がるつもりなら覚えとかねぇと」



いつか、あたしの元にコイツから挑戦状が来る時のためにも…





「俺の名は白石豪-shiraishi gou-だ」





白石、豪か…



多分、覚えたw





「豪な、またいつか相手として会おう

期待して待っている」





こうして豪は本当にそれだけいいに来たみたいですぐに帰った






いい男に成長したな…









< 163/ 402 >