ケータイ小説 野いちご

嵐を呼ぶ姫 ~最強女は天然美少女?~





「よし、妃芽!守られてこい!」


「はぁぁあぁああ?なんでよ!」


まだ、やってるし…どうすっかな?


「もう!わかったよ!疲れた!

守れられればいんでしょ?」


「たくっ!納得すんなら、早くしろよな…」


「んぁ?なんか言ったか?」


「いっいや!なんでもないです…」


この女…伶さん負かしてるし…

マジ何者?


「希瀬っつったか?」


いきなり俺にふられた話題


「あぁ」


「あたしを守るってことはしなくていい



一緒に戦うってことにしろ」


守るんじゃなくて一緒に戦う?


「フッ…お前気に入った、行くぞ!」


「へ?」


「んじゃ、伶さんコイツのことは任してください」


「おう、よろしく頼むな♪」



「ちょちょっちょっと待ってよ〜!!!!」


これから面白くなりそうだな!






< 54/ 402 >