ケータイ小説 野いちご

ニセモノ×初恋=??

だが、近付こうとした私は繋いでいた児玉くんの手にひっぱられて、それ以上は行けなかった。

「児玉くん…?」

私の手をひいた児玉くんの顔は真面目な顔で。

けど視線は村口の方を見たまま、口を開く。

「友達として仲がいいのはいいことだけど、俺の彼女をおとしめるような事、言わないでくれる?村山くんだっけ?」

「村口だ!!」

「あぁ、ごめん、村口くんね」

なんだか、児玉くんの口調が小バカにしたような、怒ったような感じに聞こえるのは気のせいだろうか?

しかも頭良いくせに名前間違えるって、よっぽど興味ないのか、わざとなのか…。


< 130/ 558 >