ケータイ小説 野いちご

君のお守りを片手に…



...そういえば蓮、今私服…



「蓮さ、今日部活なかったの?」



表情が一瞬曇った。

何かあったのかな?



「…別にただ休みたい気分だったからさ!」



すぐに笑顔に戻ったけど、どことなく寂しそうで、引きつった笑顔だった。


それに、蓮が部活休むなんて滅多にない。

蓮はバスケが昔から本当に大好きで、休むことなんて無かった。



「嘘つき…顔引きつってるよ…?」



「別になんでもねーよ!ほらっ!お前ん家着いたぞ!風邪引くし寒いし早く入れ!
また明日な!」



いつの間にか家の前だった。


蓮の家は私の家の隣。


私は蓮が部屋に入るのを見届けてから部屋に入った。



私が…もし蓮の恋人とかだったら話してくれたのかな…?


でも私には告白の勇気すらもない。


5年間も…ずっとずっと…

< 2/ 2 >