ケータイ小説 野いちご

バスケばかな私の彼氏♡




そんな、ある日また相田さんに頼まれて仕事をしていた



百香は、委員会で遅れている。




1人で、雑用をやっていると、




「楓?1人か?」






< 76/ 193 >