ケータイ小説 野いちご

バスケばかな私の彼氏♡






















私は確かに飛ぼうとした








でも、誰かの手によって、止められた







「…………そ………うた?」






颯太だった





「なに?私の事、笑うんでしょ?




離してよ。




もう、辛いの。お願いだから、、、」





「………めん




ごめん。楓。俺、楓の気持ち考えないで今までつきまとってて




これから、楓の嫌がることはぜってぇしねぇ




だから、死ぬなんてやめてくれよ………」







< 38/ 193 >