ケータイ小説 野いちご

バスケばかな私の彼氏♡




それから、私は颯太をおいて、屋上へ走った



もちろん、死ぬためだ




もういい。




全部壊れてしまえ。






< 36/ 193 >