ケータイ小説 野いちご

いけないアルバイト Vol.1

 配達圏内は半径1km以内で、足は原付スクーターである。街で見かけるピザ屋のバイク。そう、それと同じ。ただし、雨天時は軽自動車を使うため、どちらかと言えば、雨が降ってくれることを私は望んでいるのだ。

 
 だけど、残念ながら今日は綺麗な秋晴れ。料理と領収書を持ってスクーターにまたがる。

< 27/ 32 >