ケータイ小説 野いちご

君に夢中で恋してる*


つい先ほどの光景がパッと頭の中に浮かんだ。


華奢で小柄な体。


透き通るキメ細かな白い肌。


二つに分けて、鎖骨の辺りまで緩く三つ編みされた、サラサラな栗色の髪。


フワッと漂う、ほのかな甘い香り。


そして、俺を見上げる綺麗な瞳と、艶のある柔らかそうな唇。


そんな彼女を見た途端、心臓がドクンッと跳ねたんだ…。


不思議な感覚だった。



どうして、あんな感覚に襲われたんだろう…?


女の子を抱き止めたことなんて今まで無かったから、緊張した…とか?


いや、でも…それとは違うような気がする…。


…………。


よく分からねぇや…。


俺は、頭をクシャッと掻いた。




< 21/ 305 >