ケータイ小説 野いちご

私の彼は教師です【短】



間違ってもそんな事、言わないで。



そんな理由で、後輩の女の子達に嫌われたら話しにならないじゃない。




「先輩が先輩のこと好きなら、潔く諦めないと...」


「だから、違うってば!!」


「私はどうしたら、先輩に勝てますか?」


「いやいやいや、あなたの方が可愛いから」




そんなウルウルとした瞳で見つめられても。



なんて返せば正しいのよ。




「でも、あの人絶対...可愛い系より綺麗系ですよ」


「たとえそうでも、私じゃないよ」


「そーでしょうか」




後輩の背中を押して、鍵をかけ忘れていたことに気づく。




「さき行ってて」


「はーい」




戻りながら、遠くを見つめていた。



走りながら、前を見ていた。




「修学旅行生...集合中か」




そして、足を止めた。


後姿が彼にソックリ....?


< 8/ 22 >