ケータイ小説 野いちご

私の彼は教師です【短】



「どうかしたか?」




どういう意味で?


確かに何かはあったけど。




「...男と住んでるんだったな」


「変な言い回ししないでください。

....恋人です、一応」


「一応?

喧嘩でもしたのか」


「よく分かりません」




本当によく分からない。


だから、せっかくの社員旅行だと言うのに乗り気になれない。




「何、してる人なんだ?」


「...教師です、高校の」


「へぇー、それは大変だ」




何が大変なの?


好きでやってるんだから、苦なんか無い筈じゃん。




「お前が、彼を理解してやんなかったのか」


「何でそうなるんですか?

話す時間作らないのも、一緒にご飯食べる時間も、削ったのはあっちですよ?」


「理解してねぇーんじゃん」


「理解してます。

してる...んですよ...ちゃんと」



< 3/ 22 >