ケータイ小説 野いちご

医者のあり方【BL】




「…先生…?」


「ん?」




俺が物思いにふけっていると、いまだに腕の中にいる美勇が声をかけてきた。



…上目づかいは半端じゃない破壊力を持っているらしい。




「大好き…です…////」


「!……フッ…
俺もお前が大好き…」





美勇の背中に回した手に力をこめる。


すると俺の背中にも腕が回ってぎゅうと力がこもっている。

いちいち行動が可愛いなこいつは…




「…っ―…ハァ……
美勇…?あんま可愛いことすんな…」


「ふぇっ?」


「ムラムラする…」




俺の言葉を聞いた美勇は顔を真っ赤にさせて口をパクパクさせている。


(金魚みてぇ…)




「ぇあっ、あの…////
あぇ、あっと…
そのぉ////えぇ~…////」


「クスっ…落ち着け…
日本語話せよ…」


「だ、だから…!

そゆっのは…心の準備と言いますか…////」





あぁ…


と、美勇が焦ってろれつが回っていない理由が分かると俺は美勇からいったん体を離した。












< 89/ 100 >