ケータイ小説 野いちご

医者のあり方【BL】



「水無月先生らしいなぁって…おもって!」


「…?意味わかんね…」




俺はコーヒーをすする。



「お前の味覚は変わってるけどな。」


「どこがですか!」


「コーヒーは限りなくブラックに近い微糖。でも紅茶は甘いのが好きで…
トマトは嫌いだけど加工しているトマトは食べれる。…変だろ。」




俺はサラダを口に入れながら神前をじろっと見てみた。



「……!先生。
そんな事に気付いてたんですか。」


「1ヶ月も一緒に暮らせば自然と気付くだろ。」




そう言いながらも俺は
少し考えた。


(俺ってこんなに…)




他人を見てる奴だっただろうか。
一時期、女と住んだこともあった。(←これも1ヶ月位)


それでも、

そいつの好みなんか全く知らなかったし知ろうともしなかった。



俺の中で変わってきたことでもあるのだろうか。



「…気のせいか。」


「?!
いきなり何ですか!?」


「んー…
別になんでもねーよ。」




うん。変わったことなんか一つも無い。


口悪いまんまだし。

自分で言うのも何だが
猫かぶってるし。

男でも女でもとっかえひっかえ関係持ってるし。


……相変わらずすぎる…



でも、関係持つ人数が
減っているのは確かだ。

そしてそーゆー行為をしにいく回数が減っているのも確かだ。




何でだ…












< 47/ 100 >