ケータイ小説 野いちご

秘密恋愛




太陽が西の空に沈み、闇が顔を出す。


闇を見上げ、息を吐くと、白い息が闇に消えていく。


その時、カラスの大群が鳴きながら飛んでいくのが見えた。


カラスは人の死を予知する――。


昔、そんな話を聞いた事があった。


だけど、それは俗説であって、本当のところはわからない。


でも闇の中を飛んでいく黒いカラスの大群を見て、背中にゾクリと寒気が走った。





< 2/ 318 >