ケータイ小説 野いちご


海斗くんは、結城くんとは全然違って明るい男の子。
とっても明るいから、親しみやすくてすぐに仲良くなれた。


みんなで楽しく話してるうちに、あっという間に目的地の、海。

「海だぁ!」

んーっと、伸びをする。

ギラギラと眩しすぎる太陽、反射して輝く砂浜。とてもたくさんの人はいなく、程よい感じ。

「んじゃあ、着替えたら、あの海の家に集合ね」

紫穂ちゃんがそう言い、更衣室に向かう。

「紫穂ちゃん、どんな水着?」

更衣室で着替えながら、紫穂ちゃんに聞く。

「ん?これ」

そう言って、紫穂ちゃんの手にある水着は、かなりセクシーな水着。

「紫穂ちゃんはスタイルいいもんなぁ…」
「雫だって、細くていいじゃない」
「細くないもん」
「細いの!!」

うぅ…。ほんとに細くないのに…。

「んで、雫はどんな水着なの?まさか、ワンピース水着じゃないでしょうね」

あたしの水着は、紫穂ちゃんみたいにセクシーなみずぎじゃぁない。ほんとはワンピース水着にしようかと思ったけど、頑張ってフリルの付いたビキニにした。

「これ」
「あら、雫にピッタリな水着ね」
「ほんと?」
「うん。可愛らしくてぴったりよ」
「あ、ありがとう」

紫穂ちゃんにそう言ってもらえると、すごく安心できる。

< 32/ 173 >