ケータイ小説 野いちご

道─新選組の物語─【完結】



なんか斉藤さん、顔真っ赤にしながら深呼吸してる。






「お、俺は・・・お前が好きだ。」





単刀直入に言ってくるぅぅぅうぅぅっ!??




「あ、あの私・・・「今はまだ返事はいらない。」





「えっ・・・」





「俺の気持ちだけ伝えておきたかった。それだけだ」





と言って、斉藤さんはどこかへ行ってしまった。





なんかドキドキし過ぎて、心臓が持たないよ・・・





一難去ってまた一難。とまでいかないか。





「京っ?」




「千嘉」





< 95/ 158 >