ケータイ小説 野いちご

天神学園高等部の奇怪な面々Ⅷ

如何に威厳のある天神学園生徒会長とて、普段は一介の女子高生。

旅行は楽しみだし、観光にも興味はある。

「明日はどんな所に行くんでしょうね…ワクワクします」

誰もいない旅館のロビー。

月は年頃の少女の顔で呟いた。







< 100/ 189 >