ケータイ小説 野いちご

rain×rain【完】




「暑いなぁ~」


そう言って桜は袴の胸元をパタパタする



「おい左之助、エアコンつけて来いよ。」


…えあ…こ?


なんだそれ?



「あー!!」といきなり大声をあげたかと思えばすぐに笑い始めた。




「そう言えばエアコンないんだあっ…あっははははっ。」



一体何がおもしろいんだ?



「総司ー!!」


もはや桜は総司までをも呼び捨てしている

「なに?」


いつものすました笑顔で総司は返した。



「呼んでみただけーっ!!」


………なんじゃそれゃ。

ガックリと転けそうになる。


そして目の前にいる平助にダイブした。



「おんぶして…………。」



そう言って桜はガクっと眠りに入って行った。


桜…酔っぱらうと怖えな…















< 166/ 264 >