ケータイ小説 野いちご

君の花嫁



教室へ戻ると既に伊織は席についていた。
そして意外なことに、伊織が足の怪我を心配してくれたのだ。


「どうかした? それ」


隣に座る私の足をチラッと見る。
確かにこれだけの絆創膏は誰でも気になるかもしれない。
でもまさか貴方のファンにやられたとはいえず、言葉を濁す。


「あ、うん。ちょっとね。転んだ」
「ふぅん」


興味なさそうな返事。
そしてまたふいっと前を向いてしまった。
あれ? 心配っていうか、ただ聞かれただけ?
なんだ、そっか。別にいいけど。




< 43/ 264 >