ケータイ小説 野いちご

君と私とときどき君と





「ちょ・・・・」



太い縄はちぎれず、実瑠の手の中に。

肝心の鈴は、天井からはずれ・・・実瑠の足元に。



「どうすんですか母上ェェェェェ!!」


「お前っ!働いて弁償しろ!」


「ちょ、母上がとび蹴りぶち込むからだろ!しかも18歳が働けますか!」


「体でも売れ」


「本当に母親の言うべき言葉か、それは!!!!」




「ちょ、二人とも、少しは落ち着いて・・・」




カッ!!!



「?!ま、まぶしッ」



父の言葉をさえぎるように地面に落ちたはずの鈴が光出す。
その淡い光はゆっくりと実瑠を包み込む。



「え?!ちょ、」


「実瑠ッ!!!」


「みのるッッッ!!!」




淡い光は徐々に収まって行き・・・包み込んだ実瑠ごと消えた。






< 4/ 61 >