ケータイ小説 野いちご

3人は学校の人気者



「あ…あの?」


女子の顔が怖い…。


いったいこの人たちは何を言ったんだろう…。


私は3人の間に入る。


魁くんが私の後ろ、瑠衣くんが私の右隣、零くんが私の左隣。

あう…。なんか緊張する…。


「ってことだから、僕たちに関わらないでね♪」


零くんが私の頭を引き寄せてホッペをつける。


な…何てことを…。


「好きなものはしょうがないし♪」


魁くんは私を後ろから抱きしめる。


もちろん、零くんは私から手を放している。


魁くんも魁くんで何をしてるんだ!


「てか、近づいて来たら殺す」

それは脅しです瑠衣くん!!


そして殺すって言葉はかっこいい人が言っちゃダメだよ!


瑠衣くんだからありえるけど…。


瑠衣くんも瑠衣くんでホントに大変だよ…。


『あんなこと言われたら諦めるしかないか…』


一人の子が帰って行くと他の子たちも一気に帰って行く。


一件落着…なのかな?


明日から大変そうだけど…。




< 63/ 121 >