ケータイ小説 野いちご

[完]地味子→総長だけど?

ひたすらに





翔「ありさ、見つかったのはこの拳銃だけだ」


『そっか…』


ほんとうに何もないの?
ていうか黒薔薇の倉庫って分かってるよね?
ここじゃ有名って書いてあったのに。


それなのにこんなにゴミを捨てる?


突然消えたっていうことは
私達暴走族での間しか知らないはず。


なのによりによって族の倉庫に?


そんなのありえないはず…


『倉庫の前のゴミが怪しい。
それから近所の人の聞き込みしたい。
女の人は翔がどうにかして?』


翔「…まじかよ」


女嫌いでも、今は悪いけど…


『雅さんも聞き込みお願いします
奏斗はゴミ漁って?』


私は男の人に聞き込みしてみようかな。


『何かわかったらすぐに連絡してね』


奏斗と雅さんと連絡先を交換して
倉庫を出た。







< 201/ 301 >