ケータイ小説 野いちご

あたしの心、人混みに塗れて

8.彼の触れる指






彼の触れる指


いくら幼なじみでも確かめたくないことも存在する。



< 110/ 295 >