ケータイ小説 野いちご

【企画】魔法が醒めるとき

☆7☆




「月美さん、どうかしましたか?」


車を運転しながら、東吾さんが心配そうな声を出した。


「ううん、どうもしないよ」


今日、光は旅立ってしまう。

神戸へ。



あの後、東吾さんと出かける事が出来ず体調が悪いと嘘を吐き、部屋へと戻った。


そしてかけ直した光の携帯からは、また機械音が流れた。

それでも何度かかけ直していたら、携帯は解約されていたんだ。


解約する前に、最後に、あたしの元へ連絡をしてくれたんだと思うと、涙が止まらなくなってしまった。



今までにあれほど泣いたのは、昨日が初めてだろう。



こんなにも胸を痛め、こんなにも涙を流し、こんなにも人を想ったのは……光だけだった。



何を犠牲にしても。

何にも代えられない人だった。



その人が……いなくなってしまう。




< 59/ 71 >