ケータイ小説 野いちご

バスケばかな私の彼氏♡

バスケ
続編



おまけ

__________






「行ってきまーす」






「おぉ、行ってらっしゃい。」





私のお父さん、高木颯太。






そして、私が高木千風。







今は、高校2年。



ガチャ



ドアを開けると、




「千風、おはよう。」




私の彼氏。







< 188/ 193 >