ケータイ小説 野いちご

進撃の巨人〜あなたへの気持ち〜

序章〜私が気付いた事〜

お母さん。刺繍綺麗にできたよ!

まぁミカサ!上手にできたね


私はミカサ。トロスト区ってところに住んでる10歳です。


私達人類は壁の中に住んでいるの

どうしてかって?

だって巨人が私達を喰うんだもん

だから人類は安全な50mの壁の中で暮らしてるの…。

でもとても幸せ

だってお父さんとお母さんはとても優しいし一緒にいると安心できるんだ

私はお母さんもお父さんも大好き!

今日は、お母さんに刺繍を教えてもらってたの

私は東洋人ってゆう、じんしゅなんだって!

だから家族がずっと受け続いた刺繍を教えてもらっていたの

これは私の子供にもおしえなきゃいけないんだって!

そういえば今日イェーガー先生が家に来てくれるはずなんだけどなー?

エレンっていう男の子と一緒に診察しに来てくれるの!

はやくこないかなぁー?

((トントン

あっ来た!

< 1/ 1 >