ケータイ小説 野いちご

絶対日記『REWRITE』

絶望



体育が終わると、誠は教室に帰ってきた。すると麗菜が一人、電気のついていない教室にポツンと座っていた。

「おう麗菜、もう昼寝終わり?」

「お、誠か。まぁな」

「ってゆうかお前、電気ぐらいつけろや」

「あぁ…」

誠は黒板の横にあるスイッチに手を伸ばすと、パチッと押した。教室の電気がピカピカとついた。

「あ?麗菜?どうしたんや?お前、元気無くなっとるやんけ。体調でも悪いんか?」

誠は心配して麗菜の所に行くと、顔色を窺がった。

「うるさいわボケ!」

そのとき、麗菜に突き飛ばされてしまった。突然の麗菜の行動に、驚く誠。

「痛っ!何すんねんコラ!」

「お前うるさいんや!」

「何やねんその態度!心配したってるんやろが!」

誠は麗菜に近寄り、胸ぐらをつかんだ。

「あ?お前、ケンカする気か?退学やぞ?」

「ってゆうか、何でいきなり怒るねん!」

「うるさい。ケンカやる気か?」

「チッ!」

誠は麗菜の机を思い切り蹴ると、自分の席に座った。

……何やねんこいつ…何でいきなりこんな態度とるねん…俺が何かしたか?めっちゃムカつくわ…

< 22/ 203 >