ケータイ小説 野いちご

【短編】彼女の秘密と僕の憂鬱

何も知らないふりをして、笑うんだ。





大抵、5時間目は睡魔に襲われる。


心地よい眠気と必死に戦いながら、僕は英語の授業を受けていた。



…つまんねぇ。



授業は一応真面目に聞いているつもりだ。

成績も悪くはない。


それなりに勉強をして、
それなりに部活もして、
それなりに恋愛もして、
それなりに仲間とつるんで
退屈な高校生活を送ってきた。


最終的にはまあそれなりの大学に入れればいいかななんて。


特に将来に夢も希望もなく、ただ過ぎて行く日々に身を任せて受験勉強に打ち込んでいる。



< 1/ 6 >